わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

ビタミン摂取、ジュースかサプリか問題

                     f:id:yojolife:20210919165822j:plain

    f:id:yojolife:20210901170142j:plain

ついに…コロナワクチン2回目接種から2週間経ちました!!
無敵状態になったわけではなく感染の可能性も引き続きあるのですが、少し気が楽です。
ワクチン接種がどんどん進めば…と期待しつつ、今後出てくる変異株が心配ですね。

ワクチン接種期間の中であらためてビタミンの効力を感じました


ビタミンが免疫力アップに有効ということで、ビタミンB1を多く含む豚肉や、ビタミンCを多く含むジュースを毎日飲み、元々飲んでいたマルチビタミンのサプリも気をつけて飲んでいました。そのお陰かは証明できませんが、副反応はとても軽いもので済みました。

selfcare-note.net

 

ビタミンを集中的に摂っていた期間、体調も良く肌もきれいになったので「やっぱビタミン先輩すごいっす!!」とビタミン株が爆上がりでした。株があったら買いまくってました。

 

食べ物から摂るのがベストだけど、ビタミンの種類多くて無理すぎ問題


ビタミン、13種類もあるんです。
1日の必要摂取量を食事の中で摂りきるのは難しい!!理想ではあるんですが。

なかなか日常の食事に力を入れられない人は、「1日分のビタミンが摂れる野菜果物ジュース」か「マルチビタミンサプリ」のどちらかを飲むのが一般的かなと思います。

そこで気になるのが「どちらのほうが効果的に摂取できるんだろう」ということです。

 

最近は伊藤園の「ビタミン野菜」を毎朝飲んでいます。

www.itoen.jp

 

以下の記事によると果物を食べて直接摂取するのが健康的なようですね(やっぱりか…)

 

つまり、果物を食ベている人ほど糖尿病のリスクが低いのに対して、それを抽出したものであるフルーツジュースをたくさん飲んでいる人ほど糖尿病のリスクが高く逆効果であるということがわかったのである。

なぜ果物は糖尿病のリスクを下げるのに、フルーツジュースはリスクを上げるのか疑問に思った人もいることだろう。

果物を食べれば血糖値を上げる果糖が含まれるものの、同時に血糖値の上昇を抑えてくれる食物繊維もとっていることになる。

一方で、フルーツジュースは果糖のみを摂取していることになるので(水溶性の食物繊維は含まれるが、不溶性の食物繊維の多くは加工過程で取り除かれてしまうと考えられている)、血糖値が上がって糖尿病のリスクが上昇するのではないかと考えられている。

r25.jp

 

「ビタミン野菜」はビタミン摂取についてはかなり優秀だと思うのですが、パックに記載されている栄養成分表を見てみると、確かに糖類(果糖)が「15.4g」も含まれています。


飲料から摂取するのなら毎日飲み続ける必要があるので、糖分摂取量は上がってしまいます。

 

ビタミンは調理の過程で失われやすく、サプリの方が効果的に摂れるようです。

 

「確かにビタミン類はサプリメントで補完した方がいい。生きるための三大栄養素である糖質、脂肪、たんぱく質はビタミンがなければエネルギーや細胞などに変換ができません。ところがビタミンは光や水や熱に弱いため、調理の過程までに失われやすく、食事だけでは充分に摂取できていない可能性が高いのです」
 

 きちんと食事で栄養を摂っているはずなのに、なんとなくだるいし、お肌も疲れ気味…という人は、ビタミン不足が一因かもしれない。


「ビタミンは13種類もありますが、どれひとつとして代わりがききません。たとえば、ビタミンB1の不足はB1を口から補うしかないのです。だから不足しがちのビタミンやミネラルは、一つひとつサプリメントで補完した方がいい」(佐藤さん)

www.news-postseven.com

 

ただ、ビタミンサプリも本当にたくさんの商品が発売されていて、品質はピンキリです。

口コミをよく見たり、あまり安すぎるものには手を出さないなど慎重に選ぶのがいいですね。


購入する前に、自分の食生活で不足している成分がもれなく含まれているかをしっかり確認する必要もあると思います。わたしもマルチビタミンのサプリを見直してみます。

 

食品から栄養を摂るのが一番ですが、多忙な現代の食生活では難しいこともあります

食生活の改善はつねに意識しながら、不足分はサプリに頼ってでも栄養はしっかり摂っていきたいものです