わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

《ストレスがある人へ》まずは今感じていることを整理しましょう

                    f:id:yojolife:20211004081540j:plain

 
心身のセルフケアをしようとしている方に、わたしが折に触れて立ち戻っている、自分なりに辿りついた基本的な考え方を紹介したいと思います。
もしご自分でも取り入れたいと思われたら参考にしてください。

 

  キーワードは「リセット」と「想像力」です!

  1. 自分が困っていること・変えたいことなどを書きだして整理する

  2. 小さなことでいいので、できる時にできることをクリアしていく

  3. ひとつクリアできるたびに自分を思いっきりほめる(ごほうびも作る)

  4. リセットした状態に近づいたら自分がなりたい理想の姿を想像する

  5. 心身ともに力が戻ってきたら小さなことからでも理想を叶えていく

現状を整理」→「問題をクリア」→「理想を叶える」サイクルです

 

 一つずつ説明していきます。

自分が困っていること・変えたいことなどを書きだして整理する

基本、頭の中ってぐちゃぐちゃですよね(笑)
常に頭の中がスッキリ整理されている人のほうが珍しいんじゃないかと思います。
この作業をするときは「ノートに書き出す」のをおすすめします。ペンを持って字を書くことによって、自分で書いた字を視覚的に認識することで「あ、自分はこういうことを思っていたんだ」という気づきがよりできると思います。
ノートはできるだけ大判のものに心のままに書き殴る感じがいいです。チラシの裏でもOK。
デジタル慣れしている方は、PCのWordやスマホのメモ帳に書き出してもよいと思います。
綺麗に清書したり優先順位をつけて箇条書きにする必要はありません。わかれば大丈夫。

小さなことでいいので、できる時にできることをクリアしていく

 これは本当に「できる時にできること」をやるしかありません。
「今日はしんどすぎる、なにもできない」という日はなにもやらなくて大丈夫です。
些細なことでいいんです、資源ごみをまとめるとか、冷蔵庫の汚れをアルコールで拭くとか。
溜めている書類の処理なんかは結構エネルギー使いますからちょっと元気な日がいいです。

ひとつクリアできるたびに自分を思いっきりほめる(ごほうびも作る)

これは「成功体験」の積み重ねで、ポジティブな気持ちに持っていくやり方です。
最近よく言われている「自己肯定感」とはちょっと違います。
自己肯定感とは何もしていなくても自分には価値がある・存在意義があるという考えですが、日頃悩みがちな人は自己肯定感が低めです。そんな人が「何もしていなくても自分はすごい」と無理に自分をほめてみてもすぐに「そんなわけあるかーい」と撤回するのがオチです。
ゴミを捨てたとか些細なことでも、良い行動をしたので自分を堂々とほめられます。
甘やかしまくって、好きなおやつなど常備しておいてその都度食べちゃったりしましょう。

リセットした状態に近づいたら自分がなりたい理想の姿を想像する

きっとはっきり意識していなくても「こんな自分になりたい」という理想はあると思います。
周りの素敵な友人や、憧れの俳優さんなどのいいなと思うところを参考にしながら、外見・ファッション・部屋のインテリアなどのライフスタイル、憧れの業界に転職したい、こんな暮らしがしたい…と隙あらば想像をふくらませるのです。これは常に素敵なものの情報収集をすることにもつながりますので、趣味としてもとてもよいです。
「想像力」はばかにできません。原動力となります。

心身ともに力が戻ってきたら小さなことからでも理想を叶えていく

ここが要注意なのですが「無理は禁物」です。例えば色々やりたい気持ちはあるのに休日は疲れて何もできない…というときはその時ではないのです。身体が無理だと言っているのです。
ただ心と身体は密接につながっていますので、強い気持ちがあれば無理できてしまう時があります。そんなときは行動に移すこともあるでしょうが、もし「やらなければよかった」と後悔するような結果になってもそれも学びです。失敗したら「次は慎重に」と学習することができます。
髪を切りに行くとか、資格勉強の参考書を買ってみるとか、その時できそうなものからトライしてみましょう。もし途中で挫折しても「まだ早かったか」程度で落ち込まないように。

もし参考になる部分があれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 


《ご注意ください》

セルフケアというのは、どんなに心身がつらくても自分でなんとかしようという意味では決してありません。体調に異変を感じたらもちろん症状に応じた病院へかかってください。日常生活を送れないほどにメンタルがつらくなったら精神科や心療内科へかかってください。
このブログでは「病気にならなくて済むように状態を改善するセルフケア」を目指していますが、専門家を頼るのが一番です。コロナ禍ですし特に体調不良には敏感になりましょう。