わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

「ほんの少しの行動力」で人生はどんどん変わる

               f:id:yojolife:20210915203414j:plain

 

最近しみじみと感じていることがあります。

人生は「ほんの少しの行動力」によっていかようにも変えることができる


当たり前と言えば当たり前なんですけども。

「自分の人生なんでこんなにうまく行かないんだろう」
「親やまわりの環境に恵まれなかったから今こんなことになっている」
「友人たちはどんどん成功して幸せになっていて自分だけ取り残されてしまった」
こういう気持ちがくすぶってしまっている人は結構いると思います。

 

本当、人生うまくいかないことの方が多いですよね…


今の自分が、思っていたのと違う人生になっている人がほとんだと思います。
良いほうの人ももちろんいるでしょうが、悪いほうにの人が多いだろうと思います。

人生に失敗はつきものです。

何かを行うとき、必ず初めは未経験なのだから、失敗して当たり前だと思います。
でも人は成功する自分をイメージしてしまうので、落ち込んでしまうのだと思います。

そして自己啓発本などでは「誰しも失敗を経験して成功していく」と書かれています。
対象によっては、一度の失敗で学んでその後上手くいくこともあるでしょうが。

「適性」や「相性」があるので、いくら頑張ってもうまく行かないことだってあります

 

思い入れがあればあるほど、その見切りをつけるのはとても難しいのですが…。
自分の中の思い入れが「やり切った」と満足するまではチャレンジしてみると悔いがないと思います。ただそれでもやっぱりダメなら、

 

「これは自分には合わないかも、よし諦めて次の候補にいってみよう」

 

という風にサッと気持ちを切り替えて次の行動を起こしていくことができるかどうか。
例えば転職や、離婚や、引っ越しや、大学生なら専攻を変えるだとか。
この方向転換は早ければ早いほど、多くのチャレンジができます。


これが自分にある無限の可能性を広げていくことにつながると思うのです。
人生の時間は有限です。自分に最適な環境に出会うためには素早く行動することです。


自分と合わないことっていっぱいあるんですよね。
それが食べ物とか洋服とかだと簡単に「好みじゃない」「違うの探そう」となるんですが、「仕事」「学校」「家族」「恋人」「友人」とかになると、一気に無理しちゃいます。

やれるだけのことはやってみたけどやっぱり合わない、上手くいかない。
家族だって合わないこともあるんです。すごく難しいですが、そのせいで自分のメンタルに影響が出てしまうような場合は、家を出るなど物理的に距離を置くことも必要かもしれません。

失敗しても悩むなとは勿論いいません
でも、後からきっと「悩み続けた時間だけ無駄にしてしまった」と思うんです
40年生きてきたわたしの実感なのでそこは参考にしてもらいたいです(笑)


わたしは、先月末にノートパソコンを買いました。
計画していたわけではなく、今まで使っていたパソコンの不具合が増えてきたからではあるのですが、ふと「ブログをやってみよう」と思い立ってはてなブログに登録しました。
これもほんの少しの行動力です。

 

解剖学者の養老孟司先生のお言葉も紹介しておきます。

「若い人の最大の弱点は、自分が変わることを受け入れず、いまの自分で世界を考えたがるところです。自分が変われば、世界も変わることに気づいていない」

(中略)

「では、変わるとどうなるのか。楽しくてしょうがなくなるんです。何か新しいことをするとき、ドキドキワクワクするでしょう。その感覚です。とにかく勇気を出して、自らを変える第一歩を踏み出してみることです」

forbesjapan.com

 

ドキドキワクワクするなら、それはもう本能でやりたいことなのです

やりたいことをやったなら、結果はどうあれやらなかった後悔はありません

人生は一度きり! たくさんのことに挑戦していきたいですね