わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

好きな《女性漫画》10選

      f:id:yojolife:20211018201947j:plain

 

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選


8歳で初めて「りぼん」を買ってから現在まで、30年以上の漫画好きです!

だいたいワンコインで手に入るお手軽さがありながら、異世界の冒険をすることもできたり、元気づけられたり、自分の人生を見つめなおすきっかけになることも。
子どもも大人も共に楽しめるエンタメで、漫画大国日本に生まれて本当によかったです。

少年・青年漫画も好きですが、やはり「りぼん」から始まって少女漫画にどっぷり浸かってきたので、現在も女性が主人公のいわゆる「オトナ女子漫画」と言われるものをよく読みます。
(もう「少女漫画」と言えないのはわかるんですが、「女性漫画」で別にいいのでは?)

本当は10作品なんかに全然収まらないんですが…!名作多すぎ!
一つ一つ語ると5000字くらいになってしまうので(笑)サクッといきますね。

(しんどい世を強く生きていくための)女性漫画・10選です!

 

1. 「この世界の片隅に」こうの史代

 

この世界の片隅に(上) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:712円
(2021/10/18 21:08時点)
感想(75件)

この世界の片隅に(中) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:712円
(2021/10/18 21:38時点)
感想(51件)

この世界の片隅に(下) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:712円
(2021/10/18 21:40時点)
感想(64件)

アニメ映画化されまして、大変ハードルが高くなる漫画原作のアニメ化としては稀に見る傑作だと思います。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」としてエピソード追加版が新たに作られて、より素晴らしい作品となりました。未見の方はぜひ。
きっと漫画を読むと、戦争に翻弄されながら、妻として、一人の人間として、苦しみながらも明るく逞しく生きるすずさんが年月を超えてより身近に感じられると思います。
わたしは「さんさん録」からのこうの史代さんファンなのですが、この作品が発売された時はシンプルに「たくさんの人に読んでもらうべき漫画だ」と感じ、会う人会う人に貸しつけたことを覚えています。
映画化された時は、その原作の忠実さに、監督さんも同じ想いなのだなと熱くなりました。

好きな漫画を一冊だけ選べと言われたら、迷わず選ぶベストワンです。

あーっ長くなる!サクッといけない!

 

2. 「るきさん」高野文子

 

るきさん [ 高野文子 ]

価格:1,760円
(2021/10/18 22:00時点)
感想(1件)

名作ですね。高野文子さんも大好きな漫画家さんです。
るきさんは、わたしの憧れの人です。こんなふうに軽やかに生きたいんですが、なかなかうまくいきません。

 

3. 「しんきらり」やまだ紫

 

しんきらり【電子書籍】[ やまだ紫 ]

価格:1,980円
(2021/10/18 22:07時点)
感想(0件)

やまだ紫さんは2009年に逝去されていますが、現在こうやってたくさんの大人の女性の人生を題材にした漫画が生み出されているのはやまださんの功績ではと思います。
過去の少女漫画のような特別なヒロインではない、夫と子を持つ普通の主婦の繊細な心情をリアリティをもって鮮烈に描いていて、やまださんがご存命ならこの現代でどんな作品を創られていたかと思うと残念でなりません。

 

4. 「愛すべき娘たち」よしながふみ

 

愛すべき娘たち (ジェッツコミックス) [ よしながふみ ]

価格:715円
(2021/10/18 22:18時点)
感想(33件)

「きのう何食べた?」「大奥」で知られるよしながふみさん。
BLも含め読んでいるファンですが、女って面倒で大変で、だけど愛しいよね!と思える一冊。

5. 「野田ともうします」柘植文

 

野田ともうします。(1)【電子書籍】[ 柘植文 ]

価格:825円
(2021/10/18 22:20時点)
感想(5件)

柘植文さん大好きなんです。この漫画家さん、ハマる人は本当ハマります。
柘植さんはナイスキャラを生み出す天才なのですが、野田さんは中でも宝のような存在。
実は江口のりこさん主演でNHKでドラマ化されていてその影響で江口さん推しになりました。

 

6. 「かよちゃんの荷物」雁須磨子

かよちゃんの荷物新装版(上)新装版 (バンブーコミックス) [ 雁須磨子 ]

価格:814円
(2021/10/18 22:23時点)
感想(0件)

かよちゃんの荷物新装版(下) (バンブーコミックス) [ 雁須磨子 ]

価格:814円
(2021/10/18 22:23時点)
感想(0件)

雁須磨子さんもハマる人はハマる漫画家さん。フキダシを飛び出すセリフ(会話)が面白いのです。ほがらかな絵柄も好きです。雁漫画の中に入り込んでゆる〜く生きていきたい…。

 

7. 「たそがれたかこ」入江喜和

 

たそがれたかこ(1)【電子書籍】[ 入江喜和 ]

価格:660円
(2021/10/18 22:28時点)
感想(9件)

不登校の一人娘と高齢の母を抱えて社員食堂でパートをするシングルマザー、たかこの遅れてきた青春物語。後半なかなかロックな展開になっていくのですが、何かをはじめるのに年齢なんて関係ないんだよなーと背中を押してもらえた作品。

 

8. 「その女、ジルバ」有間しのぶ

 

その女、ジルバ(1) (ビッグ コミックス) [ 有間 しのぶ ]

価格:650円
(2021/10/18 22:29時点)
感想(8件)

池脇千鶴さん主演でドラマ化されました。ちょっと絵柄がラフなので好みがあるかもしれませんが、有間さんの作品はキャラとセリフの強さですね。人生、楽しんだもん勝ちです。

 

9. 「プリンセスメゾン」池辺葵

 

プリンセスメゾン(1) (ビッグ コミックス) [ 池辺 葵 ]

価格:607円
(2021/10/18 22:30時点)
感想(3件)

池辺さんの作品も素晴らしいものばかりなのですが、やはり一つ挙げるならこれです。
わたしも家をただの借りぐらしではなく生きる拠点として大事に考えるタイプなので。
一人暮らしされている女性には特に読んで欲しいです!

 

10. 「前科者」原作:香川まさひと/作画:月島冬二

 

前科者(1) (ビッグ コミックス) [ 香川 まさひと ]

価格:650円
(2021/10/18 22:32時点)
感想(1件)

ジャンルとしては青年漫画になりますが、仮釈放者など保護観察処分を受けた前科者の社会復帰を支援する保護司・佳代が悩みもがく姿が描かれています。社会福祉士として人を支援する仕事をしていた自分としては踏み込み方の難しさなど共感する部分も多く、佳代ちゃんを応援しながら読んでます。なんと有村架純主演でドラマ化映画化も決まって、楽しみです。


長くなりましたがお読みいただきありがとうございました。
もし気になった作品がありましたらぜひ読んでみていただけると嬉しいです!