わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

わたしの病院・診療科の探し方

     f:id:yojolife:20211004083119j:plain


体調が悪く「これは病院で診てもらったほうがいいな」と判断したとき、歯がズキズキするなら歯科、目の充血がひどいなら眼科…と専門がはっきりしている場合は簡単なのですが、ざっくりした内科的な症状だと何科にかかればいいのか悩むことがあります。

今回はわたしが初診でかかるときにどうやって病院を選んでいるかご紹介します。

自分の症状からどんな病気の可能性があり何科にかかればいいか検索する


おうちに医学事典があれば簡単ですが、ない場合が多いですよね。
MEDLEY という、814名の医師が集まってwebで医学事典をつくるプロジェクトがあります。
間違いのない情報が集められたサイトですので安心感が違います。
webには残念ながら誤った情報もたくさんありますので、まずは確かな情報源探しからです。

「症状チェッカー」は症状のみならず、性別→年齢→どのような症状かを問診形式で聞かれますので、当てはまるものをクリックしていくことで可能性のある病気が一覧で出てきます。
ここで一つ一つの病気の詳細を読んでみて、一番自分の症状に当てはまるものがあればその下に書いてある診療科にかかることにします。

もちろん実際に受診したら違うことも多いですし、それは仕方ないことですが、まったく見当違いの診療科に行ってしまう確率はかなり減ります。

medley.life


もう一つ「これ無料でいいの?」と申し訳なくなる医学書のwebサイトをご紹介します。
MDSマニュアル という、1899年に初めて出版されて以来医師や薬剤師向けのポケットマニュアルとして世界的に信頼されている医学書が家庭版として無料でリリースされているのです。

こちらはMEDLEYより専門的で詳しくなっていますので、もし受診して病名がついてしまったときにどのような病気なのかを調べるのに使った方がいいかもしれません。

www.msdmanuals.com

ちなみに事前に調べて自分で勝手に診断して「この症状は(病名)だと思いますが…」と伝えて受診するのはお医者さんに嫌われます(笑)あくまで受診する診療科を特定するための検索です。


さて、診療科がわかりました。次は病院です。
初診のときは、できるだけ専門の病院・クリニックを探します。

まずは病気かどうか、詳しい検査をしてもらいたいですよね。最先端の検査機器があって、お医者さんも経験豊富で日夜研鑽を積んでいるようなところで確かな診断をしてもらい、何もなければラッキーだし、万が一しっかり治療しなければならない場合も安心です。

ただ、そのような病院は大学病院や市町村の総合病院となりがちで、現在は高度医療がパンクしないために大病院の初診料は5000円(!)となっておりハードルが高いです。

5000円払っても安心したいという場合はご自由にどうぞなんですが、以前身内がクリニックに初診でかかった時に「うちでは立派な検査機器がないから…」と大病院を紹介されたことがありました。紹介状があれば初診料はかかりません。

中規模病院かクリニックで専門的なところを探し、万が一難しい症状であれば大病院を紹介してもらえると思いますので、いきなり大病院に突撃する必要はないと思っています。

www.gov-online.go.jp


ただ、それでも大病院で診てもらって安心したい!という場合はAERA dot. が全国4000の病院に独自調査を行い、手術数・治療数をランキングして地方別に上位5〜10病院を公開していますので、ご自分の住む地域で調べて参考にするのもいいと思います。
ただこのランキングは手術数や患者数のみで、手術の成功率は分かりませんので参考程度で。

dot.asahi.com

口コミサイトを読み込んで良さそうなところを探す

結局口コミ頼りになってしまうのですが(笑)
身の回りの家族や同僚や友人から口コミを仕入れられるといいのですが、限界があります。
わたしが過去定期的にかかっていた複数のクリニックの口コミを読んでみて、概ね内容に同意できた、信頼できる口コミが載っている良心的なサイトがありますのでご紹介します。

caloo.jp

まず自分の住む地域で検索すると、全科の病院・クリニックが出てくるのですごい量のデータが出てきます。「条件変更・絞り込み」をクリックして調べておいた診療科で探します。

さらに「専門外来」で絞り込んでヒットした病院が口コミも良ければ第一候補になります。
地方によっては専門外来がないこともあるでしょうから、「診療科目」で検索してひたすら口コミを吟味してみる感じです。

最後のダメ押しとして、病院の公式ホームページをチェックします。
しっかり作られていて最新情報も載っていたら、患者目線であるという判断ができます。


ここまで調べてみると、きっと良さそうな病院が見つかると思います。
わたしはお恥ずかしながら慢性的な頭痛をずっと放置していたので、この記事を書きながら初診でかかる脳神経クリニックをcalooで決めました。
口コミでは先生も看護師さんも親切丁寧なようなので、期待したいと思います。

少しでも参考になりましたらうれしいです。