わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

セルフケア手帖、はじめました

f:id:yojolife:20210831164952p:plain

 

はじめまして。
地方都市でひとりで暮らしているyojolifeともうします。

社会福祉士として、地域で困っている方を訪問しお話を聞いて支援をしていました。
その仕事を通じて、人は周りに助けられながらも、自分の意思で、自分の判断によって、つらい状況を改善していく底力のようなものを持っているのだと感じました。
自分の人生での選択は自分で決めたい、と思うのは自然なことです。

そして、人は案外近しい人には本音を言えないこともわかりました。
家庭の悩みはもちろん当事者の家族には言えないですし、個人のことでも「こんな悩みを話して心配させたくない…」という気持ちが優先して、家族や友人にも打ち明けられないことも多いのです。そして悩みというものは個人的なものですから「言ってもどうせわかってもらえない」と思ってしまい、ますます自分一人で抱えてしまうのです。

わたし自身も悩みの多い人間なので、この心理はよくわかります。
話したところで心から理解してくれないであろう(わたしではないから仕方ないことです)周りの人にかえって気を遣わせてしまうのは申し訳ないし、心配して何かと構ってくれるのも、気持ちはありがたいのですがしんどくなることがあります。そして、そんな優しさすら受け取れない自分がいやになってしまうのです。

そんな中でのコロナ禍です。友人とお茶をするのすら難しくなりました。
そして、誰もが自分の身は自分で守らなくてはならなくなりました。
心身が弱っていると免疫力も下がってしまい、感染リスクも高まってしまいます。

けれど自分をなかなか大事にできないことが多いですよね。
自分で自分を責めたり、乱れた生活をして不健康になってしまったり。
こころとからだは密接につながっています。
どちらもケアしてあげないとバランスが崩れて共倒れになってしまいます。

 

自分のことはなんだかんだ言っても自分が一番よくわかっていると思います。

自分を一番大事にしてあげられるのも、自分自身です。

自分で自分のカウンセラーになり、栄養士になり、毎日サポートをしてあげられるようになれたら人生の質が上がると思うのです。

 

そんな考えから、わたしは心身のセルフケア方法を調べながら日々実践しています。
ふと、ブログという形で自分がやっていること、調べたこと、考えていることを発信してみたら、日本各地(世界にも?)にいる、同じように自分のケアをしていこうと思っている人たちに届く可能性があるんじゃないか?という希望が湧いてきました。
いろいろな分野の「自分をたいせつにする」方法を紹介していけたらと思っています。

ひとつでもあなたの人生を良くしていくためのヒントになれればうれしいです。

 

 

《ご注意ください》

セルフケアというのは、どんなに心身がつらくても自分でなんとかしようという意味では決してありません。体調に異変を感じたらもちろん症状に応じた病院へかかってください。日常生活を送れないほどにメンタルがつらくなったら精神科や心療内科へかかってください。
このブログでは「病気にならなくて済むように状態を改善するセルフケア」を目指していますが、専門家を頼るのが一番です。コロナ禍ですし、特に体調不良には敏感になりましょう。