わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

40すぎてもプチプラ化粧品でいいのか問題

     f:id:yojolife:20210922000841j:plain

 f:id:yojolife:20210901170142j:plain

わたしは生まれてこのかたデパートの一階で化粧品を買ったことがありません。
理由は「自分はこんな高級な化粧品を使うほどの素材ではない」と思っていたからです。

文字にしてみるとなんだか悲しい…。
でもわたしはとにかく自分の容姿に自信がありません。

大学時代のアルバイトから始まっていくつも接客業をやってきたし、どちらかというと求人面接では落とされるより採用されることの方が多かったので、たぶん人前に出しにくい容姿ということではないと思います。でも、本当は鏡を見るのもいやなのです。

このことについて一度深掘りして原因を考えてみたのですが、母親に「あんたは一重になっちゃったね。お母さんに似れば二重だったのにね」みたいな感じで悪気はないと思いますが容姿の欠点をよく指摘されていたと思います。

あまり思い出そうとすると脳が拒否するのか頭痛がしてくるので(泣)やめました。
今思えば母は娘への接し方がちょっと下手だった気がします。

容姿に自信がない→どうせ何をしても無駄→美容に力を入れない→いつまでも綺麗にならない、のバッドスパイラルが20年以上続いているとやっと気づきました


気付くのが遅かったです。痛恨の極み。
童顔気味なので年齢より若く見られることが多く、油断していたのかもしれません。

そんな考えだったので、いつもドラッグストアでその時々で適当にスキンケアと最低限のメイク道具を買ってきました。

アットコスメを参考にするくらいで、メイク雑誌も買ったことがないですし、スキンケアもメイクもシリーズ使いもしていません。メーカーもバラバラ。そしてプチプラ。

これは大学の時にできた美肌の友達に「高い化粧品は女優を使った広告費が含まれているんだよ。だからあまり宣伝費を使っていなくて安いちふれを使ってるよ」と言われてその教えにずっと従ってきたからです。最初はそのまま真似してちふれを使っていました。

特に化粧水は迷走しまくっていて、わたしの肌にはこれだ!という決定的な商品と出会えておらずいわゆるジプシー状態です(それもそのはず、試しまくってきたわけではないので)

というか、ぶっちゃけると肌に合う合わないもよくわかってないかもしれません(恥)

そして40代になって急に肌のコンディションが落ちてきた気がしています…。
今までは肌細胞の若さで適当なスキンケアで何とかなっていたのが肌や皮下の組織なども衰えてきて何とかならなくなってきたというのがしっくりくる感じです。つらい。

これからはちゃんと良い素材を使った良質の化粧品を使うべきなのではないか?

そして美顔スチーマーみたいなハイテクチート機器も導入すべきだろうか?


安心と信頼の口コミサイトを調べつくしてマイベスト化粧品に出会いたいです。

www.cosme.net

the360.life

 

ただ、プチプラではない化粧品を片っぱしから試していく財力も時間もないし、化粧品はたくさんあるし、どこかで決着を付けなければなりません…
ちょっと面倒くさくなってきました…(だめ人間)