わたしのセルフケア手帖

心と身体のセルフケアで自分をたいせつにしよう

「これでよかったんだ」と思うようにしてみる

                 f:id:yojolife:20211022003318j:plain

 f:id:yojolife:20210901170142j:plain

寒くなってきましたね。そしてネコチャンカワイイ。

師走が近づいてきたからか、身の回りもバタバタするようになってきました。
張り切ってはじめてみた福祉目線ニュース、毎週はハードル高くて停滞中…。


10日ごとの月3回にしてみようと思います。まあそれでも20日までなので追いついてないですけど(笑)、明日にでも10/11〜20分をまとめたいです。
別に待たれてる記事じゃないと思いますが、忘れてないですよということで。
個人のブログは自由でいいですな〜。

「これでよかったんだ」と思うようにしてみる

ささいなことですが、大事かもしれないと思うことがあったので、自分が今後も気をつけていくためにも書いてみます。

最近、地元の新しくできたホテルでコロナ禍での観光客減対策のため通常料金よりかなり安く泊まれる割引サービスをやっていることを知り、Web上でまだ予約可能なことを確認してから、日程をすぐ決められなかったのでそのままにしていました。

数日してからサイトを見ると、見事にその割引プランは完売していました。

ここで、まずは「あーーーしまった!!遅かった!!せっかく安く泊まれたのに!!」
となりました。それは当たり前の反応だと思うんです。
わたしは一通り悔しがった後、

「でもよく考えたら割引されても7000円くらいの出費にはなっていたもんな。新しいホテルに泊まるのはリフレッシュになるけど、そこまで煮詰まってるわけでもないし、勢いで泊まらなくてよかったかも。うん、予約できなくて結果的によかったんだ」

という考えになったんですよね。
締めが「こうなって結果的によかったんだ」なので、気持ちよく終われたわけです。

これがもし「ああ、もっと早く予約していたら…わたしはいつも行動が遅い…どうしてこうなるんだろう…」なんて落ち込んで終わっていたら…その後も引きずりますよね。

自分の行動の結果が良くなかったとき、「これでよかったんだ」と思えるか思えないかで、心持ちが全く違ってくると思うのです

こんなこともありました。
少しずつ家のモノを減らしていこうと思い、地域の指定ゴミ袋の特大サイズを買いました。
そして帰宅すると、買っていたのを忘れていて、特大が1パックまだありました。

ここでも、まずは「あーーーなんだ!!あったんだ!!余計な買い物しちゃった!!」
とは、まあなりました。裕福でない人間の自然な反応(笑)
そしてここから、

「でも断捨離していったら特大1パックじゃ足りなくなるよね。ストックということでまた買いに行かなくて済むしいいか。むしろ2パック早く使い切るくらい捨てるぞー!」

というポジティブシンキングができたんですね。
ただこれ、自然な流れではないんです。

過去こうやって落ち込んでばかりだったので脳に無理やり言い聞かせてたんです(笑)
その思考のポジティブ化がやっと身についてきたなという感じです。

終わったことは、もうどうしようもありません。
反省はサッと済ませて、改善できることは気をつけて、あとは「こうなってよかったんだ」と自分の脳をだまして、いい気持ちで締めることがメンタル維持にも大事だと思います。

脳は、言い続けたり考え続けると意外にだませる!自分ちょろい!(複雑)
これからもこのスタンスでやっていきたい所存です。